雨漏り修理・対策

雨漏り修理・対策についてのご紹介です。屋根や外壁からの雨漏りの原因をしっかりと診断して修理・補修することで最適な雨漏りの修理ができます。
また、雨漏りの被害が大きくなる前の早めの対策が大切ですので対策方法をご案内いたします。

   雨漏りの主な発生場所

雨漏りが起きてしまう場所にはいくつかあり、なかなか原因を突き止めることができないという事も雨漏りの難しい問題でもあります。雨漏りが起きてしまった場所から原因を突き止めて適切な修理方法をご案内します。

  雨漏りの危険性は屋根だけではありません。

★窓だけではなく換気フードや雨戸などの開口部

そもそも外壁や屋根でも開口部、外壁では窓や換気口、屋根であれば天窓ですね。
これらの開口部は非常に雨漏れに対しては、弱い性質があります。
外部では開口部の周りにシーリングが施工してあります。壁内部には防水対策として防水紙、防水塗料、防水テープを施工しています。この防水の施工がしっかりできていたのかが問題になってきています。コーキングの寿命は約5年前後です。それ以降万が一劣化が原因で切れたり、割れたシーリングから雨水が浸入して雨漏れの原因になるでしょうか?答えはなりません。先ほどの防雨水対策は壁内部にもしてあるからです。

万が一、新築住宅で10年たたない内に雨漏れをした場合は、施工業者の瑕疵なので直接問い合わせてください。あくまでも雨漏れに対してです。外壁塗装やシーリングに対しては、10年でない保証期間になっていることが多いようです。

  ベランダの防水工事も定期メンテナンスが必要。

★ベランダの防水にも注目

住宅のベランダはウレタン防水やFRPの施工が殆どですが、ベランダにはオーバーフローした際に水が流れる穴があるのはご存知でしょうか?この穴が、枯葉や髪の毛などが原因で水が排出されない場合は、防水が施されている面よりも水が上昇し、壁内部に水が大量に侵入、内部の木部を腐らせる原因にもなりますので、こまめに確認してください。

また、ベランダにも下地防水といって防水が施されていますので、目視して割れていてもすぐに雨漏れの原因にはなりませんが、虫歯と一緒で「気が付いてるけどまだいいや…」と放っておくと、後悔し、ものすごく痛い目に遭い、早めに治療しとけばよかったという事にもなりかねませんので、早めの診断が必要です。

また新築住宅などでは当たり前のオーバフローの穴も存在しない建物もありますので、必ず排水溝はいつも綺麗に掃除してください。

  雨漏りが見える前に定期補修が大切。

★雨漏れは目見える箇所、目で見えない箇所がある

雨漏れには目で見える外壁、屋根、それを守る塗装、シーリング、防水、これらは意匠的にも優れ、太陽光、特に家を駄目にする紫外線から家を守り防水性もあります。

そして壁の内部や下地に施されている、防水塗料、防水紙、防水テープで壁の中から家を守ります。よく言われている高額な工事になる可能性とは、壁の内部の防水もダメにした場合、そして害虫の繁殖で構造を腐らせる環境が原因です。私たち人間の目は壁の中まで見ることは出来ません。ですので外部に施されている目に見える箇所のサインを見逃さないようにすることしか出来ないのです。

  屋根は家の資産価値保持に最も重要!

塗膜の劣化により防水性をなくし、かび、こけが発生します。普段見えない箇所だけに、定期的な塗替えをおすすめします。また、塗膜の劣化は雨漏りの原因になり、一度侵入した雨水は家の隅々に行き渡り、家全体の崩壊の危険にさらされます。

塗り替え時期

   スレート…10年

   瓦屋根…20年

   ウレタン防水…5年

   FRP防水…10年

近畿一円・その他の県もご連絡下さい。

外壁

プロがお客様のご要望にお応えします。

エーアールティー㈱の外壁診断

専門家にお見積り・ご相談をする 

お気軽にどうぞ!

​私たちが診断します!!

お電話でもお気軽お問合せ下さい!!

通話料無料

お見積り無料

0120-323-165

無料で外壁診断!!

年中無休で受付中

エーアールティー株式会社が

選ばれ続ける理由